山本 哲郎 Tetsuro Yamamoto

  • ・アメリカ合衆国ニューヨーク州出身
  • ・一橋大学 社会学部 卒業
  • ・一橋大学 社会学研究科 卒業(アフリカ研究専攻、社会学修士)
  • ・ハーバード・ビジネス・スクール Program for Leadership Development 修了
  • ・三菱商事株式会社
    -一貫して製鉄用石炭に関する業務に携わり、製鉄会社向け購買サポート、市場開拓、投資管理、マーケティング等を担当
    -海外経験が長く、インド、ドイツ及びシンガポールへ駐在
    -インド及びドイツでは市場開拓、シンガポールでは世界最大の資源会社であるBHPに出向し、マーケティング戦略策定に携わる
  • ・その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

日本語(Native)

主な講師歴と講師スタイル

  • メーカー、商社を中心に『ロジカルシンキング』『ロジカルライティング』『問題解決』等を担当。
  • ビジネススクールやマーケティングの経験を活かし、『財務分析』『マーケティング』等のMBA科目も担当。
  • 事業会社や幅広い海外での経験を活かし、受講生の個性や価値観を尊重する事、受講生が積極的に参加出来る雰囲気作りを行う事、それぞれの実務に落とし込んで考えさせる事の3点に力点を置いている。

ビジネススキル・人材育成に対する思い

「仕事が出来る」って何だろう?これは私が長年感じてきた疑問です。 

シンガポールでは多国籍企業に出向し、ヘッド・ハントされて来た優秀な外国人達に囲まれて仕事をしました。彼らは、どの分野でも、どの商品でも、すぐに知識を取り込んで問題解決の道筋を示します。長年彼らと接する中で、それは、彼らが生まれついて優秀なのではなく、問題解決の方法論、即ち『ビジネス・スキル』を身に着けていたからだと気付きました。

ビジネス・スキルは誰しも身に着けることが出来ます。そして、そのスキルを武器に、目の前の課題を乗り越えた時に、人は飛躍します。私の研修が、受講生が飛躍するきっかけになるよう全力を尽くします。

クラス運営方針

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。人は成功からよりも失敗から多くを学びます。そして、「小さな失敗」から「大きな学び」を得ることが、最も効率的な学習です。私のクラスでは、誰しもが失敗を恐れずに参加する雰囲気作りを行い、受講生全員が主体的に参加する研修を行います。