人事ご担当者様向け無料セミナー

10月 21

新たな時代に立ち向かう「新人研修」体験セミナー

〜環境変化に対応する新入社員の作り方〜

/ オンライン開催

対象層

新人, 若手, 中堅, 幹部

開催場所

ご自宅等からご参加いただけます

定員

30名

講師名

高橋 季央 (たかはし ときおう)

注意事項

①セミナーにお申し込みいただくと弊社からご案内のメールが届きます。万が一、届かない場合は、お手数をお掛けし恐れ入りますが、弊社までお問い合わせください。(弊社代表:03-5856-8859)

②1社につき、2名様までご参加いただけます。2名様ご参加希望の場合、1名様ずつお申し込みをお願いいたします。(参加者多数の講座はご調整をお願いする場合がございます)

※ただし、企業の人材育成ご担当の方のみ、ご参加いただけます。
※個人の方・同業他社の方・当社の研修サービス等の導入検討を目的とされない方の参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。


内容

■□目次━━━━━━━━・・・・・……
・チームビルディング、新規ビジネス提案、論理思考…
「今年のオンライン新人研修 好事例まとめ」
・社内講師の方も必見!トヨタの講師育成を担う当社だからこそ教えられる
オンライン研修講師が注意すべき3つのポイント
・これからの新人が求められる能力とその方法論ヒント
・内製含めた新人研修設計、各種オンラインツール比較など何でもQA会!
今年度累計約800件のオンライン研修実施を通じた知見も全て公開
━━━━━━━━・・・・・……

今年4月、各社で大きな混乱となった新型肺炎と「新人研修」
新人への教育指針が大きく揺らぐ事態となりました。

急激な環境変化の中、新入社員に求められる能力も当然変化が起きています。
大事なことは「オンラインで研修を行うこと」ではありません。
オンラインとリアルそれぞれの適性を理解した上で「会社・同期との繋がりを
感じながら、自ら新しい価値を見出す人材をどう作るか?」が重要です。

トヨタ自動車、パナソニック、ヤフー等、約800件のオンライン研修を通して
見えてきた、これからの新入社員に求められる能力と育成の方法論。
そして人事ご担当の方が解消しきれていない疑問・お悩みに全て答えるため
特別無料の公開セミナーを開催いたします。

途中退出も可能なオンラインセミナーですので、
是非ともこの機会にご参加ください。

◇◆ご参加企業 限定特典◇◆
①人事が気になるオンラインに関する「85」の質問回答集
②オンライン研修準備押さえるべきポイント一覧

╋━━━━━━━━・・・・・・……
2020年度 新人研修の事例総まとめ
╋━━━━━━━━・・・・・・……
未曾有の事態ながら弊社では今年4月から多数のオンライン新人研修を実施。

同期との繋がりを深めるチームビルディング、プロジェクトワーク体験、
社会人として必要なマナーや論理思考、新規ビジネスの検討セッション。
それらを全て「オンラインだからこその価値」を発揮できるよう
即座にコンテンツを見直し、今も日々研究を続けています。

新入社員の生の声も交えながら、有用性の高いオンラインコンテンツを
具体的な事例と共にご紹介します。

╋━━━━━━━━・・・・・・……
社内講師も必見!オンライン研修講師が注意すべきポイント
╋━━━━━━━━・・・・・・……
新入社員に対して、人事の方自らが講師となり教える機会も多いはずです。
集合研修とは異なり、オンライン研修では相手の理解度が見えにくく
苦労される方も多いのではないでしょうか?
弊社は創業当初からトヨタの社内講師に対して育成支援を行い
このコロナ禍においても「オンライン研修講師」の養成も継続しています。

たった数ヶ月で社内講師を養成するためのノウハウを持つ弊社だからこそ
新しい様式での「講師が気を付けるべきポイント」を
体系的にお伝えすることができます。

╋━━━━━━━━・・・・・・……
これからの新入社員に求められること
╋━━━━━━━━・・・・・・……
2020年4月、各社からのニーズは「とにかく新人研修をオンラインで」。
ただ、これからはどうでしょうか?状況の予測がつかない中で、
オンラインとリアルで行うべきことの定義の議論も始まっています。

大事なのは方法論ではなく「これからの時代に新人に何を学んでもらうか?」
の定義がまず重要です。
目的によってその方法論は変わります。
そして私たちはその目的整理と方法論に対して、全ての答えを持っている
自信があります。

╋━━━━━━━━・・・・・・……
人事の方のお悩みを全て解消したい!オンラインなんでも相談
╋━━━━━━━━・・・・・・……
Zoom、Teams、Meet色々聞くけれど、一体どれがいいの?
どんな研修に向いているの?新人研修の全体設計どうすべき?など
日々の業務に追われ、情報を整理する時間もない人事の方も多いと思います。

頂いた質問には時間内に全てお答え。答えきれない質問も
後日回答集にまとめてお渡しいたします。
是非ともこの機会に日々のモヤモヤをご解消ください!

■準備物
・インターネット環境
・マイク機能付きPCもしくはタブレット(カメラ機能付きを推奨)

■参加方法
開催日が近くなりましたらメールで参加用ZoomのURLをお送りします。
メールの案内文に従ってURLよりアクセスをお願いします。

※時間や構成につきましては、変更となる可能性がございます。


高橋 季央

Tokio Takahashi

  • ・東京都出身
  • ・東京大学 文学部 行動文化学科 社会心理学専修 卒業
  • ・デロイトトーマツコンサルティング合同会社にて、製薬業・製造業・中央省庁・地方自治体などに対し、戦略策定から実行支援まで幅広い業務に従事
  • ・その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

参加される方へ一言

私のクラスでは以下の3点に徹底的にこだわります。

①「成長を実感する」
成長とは、少し昔の自分と今の自分の差分です。受講生は、研修のはじめに自分自身の性質・傾向をしっかりと理解することで、研修後に漠然とではなく、「何が・どのように」成長したのかを自分で明文化できるようになります。

②「研修とリアルの世界をつなぐ」
研修とは、その日・その場だけで終わるものではなく、実際の場面で効果的に使えるようになるために実施するものです。そのことをしっかりと実感してもらうため、単にコンテンツを伝えるだけにとどまらず、そのコンテンツが実際に役立つ事例や失敗例等、リアルな場面を想定しつつ進めます。

③「インプット+アウトプットをセットでとらえる」
一方的に情報をインプットされる研修ほどつまらなく眠い研修はありません。主役である受講生の皆様一人一人がコンテンツをしっかりと理解したうえで使いこなせることを目的に、インプットとセットで質にこだわったアウトプットを常にしてもらいます。